カテゴリー別アーカイブ: アップデート

栃木県ガレージ

image0.jpeg

24坪の4台分、2階層キャパのガレージ、概ね完成いたしました。

宮崎県某所

image0_2.jpeg image1_2.jpeg

山間の土地に建設中のアーチ住宅、まるで映画のセットのようです。

滋賀県某所

image0.jpeg image1.jpeg image2.jpeg

JRの隣接地にて、複数棟のアーチ建設は基礎工事着工しています。

兵庫県某市のアーチ、完成

image0_4.jpeg image1_3.jpeg image2_2.jpeg

エンドウォールは二期工事となります。
とかく基礎からストレートパネルが立ち上がったSモデルのアーチは、ストレートパネルが外に大きく倒れたりしていると垂直荷重に対しての強度が一気に落ち、豪雪などで潰れる危険が増しますので、垂直に決めることが必要です。

プロの仕事

image1_2.jpeg image2.jpeg

薄板構造のアーチは工場成形の時点で金型の摩耗などによるパネルスパンに誤差が生じます。

例えば610mmのスパン設定の場合、新しい金型に取り替えた直後は605mmとスパンが縮まり、使用期間が長くなり摩耗してくると630mmとスパンが広がってきます。

組み立て時には誤差があろうとなかろうと、1スパン毎に正しいスパン寸法に調整していく必要がありますが、誤差が大きければ大きいほど手間がかかる作業となります。

それをせずに組み立てて行くと、1スパンあたり5ミリの誤差でも10枚並べれば5センチもの誤差になり、とてもお粗末な建物になってしまいます。

アーチも列記とした建物ですから鉄骨や木造などと同じく、垂直である部分は垂直に、通すべきラインは通す、それがプロの仕事です。

滋賀県 大型ガレージ

image0_3.jpeg image1.jpeg

ダブルスライディングドアを左右の開口にプレイスする形でカスタム。
センターには重量シャッターが取り付きます。

宮崎県 アーチ住宅

image0_2.jpeg

兵庫県某市

image0.jpeg

三連棟アーチ 福岡県

image0_2.jpeg image1.jpeg

福岡県の三連棟アーチ、完成しました。

滋賀県 大型ガレージ

image0.jpeg

幅14.3m、高さ7m超えのガレージ、本日より組み立て開始致しました。